CONTENTS
「英会話 自己紹介」
に関連するツイート
Twitter

自己紹介6→最終選考では、日本語面接だけでなく英会話面接も実施。英訳問題で分からない単語を質問したのだが、爆笑!しかし、入社後に「その素直さは、この舞台では中々できない。適当に答えなかったその態度に高い評価がついた」と言われた。これが、私のJAL内定の裏側。

Twitter yamaguchi787mao CA受験be Crew 山口真穂 - 0:01

リツイート 返信

【オンライン英会話あるある】 自己紹介を毎回のようにやらされる I belong to baseball club.を何回言ったのか数え切れない そしてI see.としか言わない講師

Twitter kma2002_skg S.といけ - 昨日 21:37

1RT リツイート 返信

英会話にもパターン性があります。実はパターンさえ覚えてしまえば難易度はグッと低くなります。あいさつのパターン、自己紹介のパターン、好きなこと・ものを伝えるときのパターンなどなど。

Twitter FifoHiroshima FIFO国際交流パーティー広島 - 昨日 20:23

リツイート 返信

RT @MakoYanoCC: はじめなので、少し自己紹介を🌱 松山大学の3回生 出身地→今治市 好きな食べ物→じゃがいも、白米、お漬物、桃 趣味→散歩、カメラ 特技→英会話、剣道 こんなかんじです🌈 他にもたくさん書きたい… instagram.com/p/BUcqxeKl5oJ/

Twitter kyojinfann 香川オリーブガイナーズ(OG・B=10) - 昨日 8:18

リツイート 返信

【ここが出る!センター英会話|16秒】挨拶・自己紹介 bit.ly/UCev9W★上級者コース★

Twitter seminar_EE_bot エブリデイゼミナールbot - 5/28(日) 8:58

リツイート 返信

...まだまだ先を行く皆さんと六地蔵で別れて京都迄戻り、京都タワー下の大浴場で汗を洗い流してサッパリと着替え、次は一路大阪へ。 3時前から北堀江の小洒落たカフェで祥子センセと合流し、人生初の英会話レッスンを受講。 …いきなり英語モードでペラペラとこられたらヤバッ!と身構えてたけど、 先ずは日本語で自己紹介文を書いてみましょう...

あぁ、恥ずかしい(*/ω\*)英語の自己紹介で失敗しない方法。 goo.gl/XWwxsu #英会話 #英語

Twitter eikaiwanetinfo 英会話!お役立ち!オモシロ情報bot - 5/27(土) 18:06

リツイート 返信

今日ボックスヘアのキャラ濃い外国人の先生との英会話レッスンでお互い自己紹介した時についついノリでホソク定番の「Yeah~I'm your hope~!Hoo~!」ってヤツやったらハハッって白い目で軽くあしらわれましたよどうしてくれるんすかホソギヒョン← #BTSforVMAs

英会話にもパターン性があります。実はパターンさえ覚えてしまえば難易度はグッと低くなります。あいさつのパターン、自己紹介のパターン、好きなこと・ものを伝えるときのパターンなどなど。

Twitter FifoOsaka FIFO国際交流パーティー大阪 - 5/26(金) 21:05

リツイート 返信

”無料英会話自己紹介のとき鼻オカリナで千と千尋の神隠しのテーマソング吹いて外国人の先生に「dirty!」じゃなくて「きったね!」って言われた”って話聞いた時もホホwwってなったし多分彼がツボなんだと思う

Twitter nksm428 ナ力スマ - 5/26(金) 20:40

1RT リツイート 返信

英会話をもっとしっかり身に着けるために

英会話を勉強するときに一番大切なこと

英会話を勉強するときに一番大切なこと 英会話を勉強するときに一番大切なことは、英語でコミュケーションできる力を身に付けることです。
英語をいくら勉強しても、英語でコミュニケーションすることが出来なかったら、勉強したことは無駄になります。
英語でコミュケーションできるとは、ネーティブの会話が理解できて、ネーティブに自分の意見や考え方を伝えられることです。
英会話を始めてすぐにコミュケーションできるようになるのは不可能です。
ある程度の期間勉強を続けることが必要になります。
最低でも1年間真面目に続ければ、英語でコミュケーションできるようになります。
実際に英語でコミュニケーションできるようになるには、まず発音を学ぶ必要があります。
発音は英語の基礎で、英単語をきちんと発音できないと単語を覚えることができません。
発音と並んで単語を覚えることも重要です。
単語を覚えるのに楽な方法はありません。
何回も発音したり、書いたり、例文の中で使って覚えるようにします。
英文法を学ぶ必要もあります。
受験英語のような細かな文法ではなくて、実際の会話で役立つ文法です。
文法通りに会話をしなくても、コミュケーションできる場合があります。
しかし自分の伝えたいことを確実に伝えるには、英文法を一通り頭の中に入れておくことが必要です。

英会話で使える実用的な自己紹介

英会話で自己紹介というと、とっさに「My name is~」が思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。
しかしこのワンフレーズ、実際に英語圏ではあまり使用されません。
いわゆる日本語英語というもので、実用的な話法と異なることの有名な一例です。
それでは、自己紹介時にはどんなフレーズを使えばよいのでしょうか。
たとえば名前を名乗るときには「I'm~」で十分です。
はじめましてと伝えたい場合には「Nice to see you.」、もしくは「調子はどう?」という軽い挨拶をこめて「How you doing?」とひとこと添えましょう。
プレゼンのような場で英会話で自己紹介をする場合は、名前だけでなく簡単な自分の職業や趣味、好きなものをひとつ添えると良いです。
英会話で大切なのはできるだけ簡潔に、わかりやすく伝えること。
日本語のような敬語やへりくだった表現よりも、笑顔やハンドジェスチャー、握手を交わす方が好印象を与えられます。
欧米圏にはお辞儀をする文化がありませんので、笑顔とハンドシェイクを忘れないようにしましょう。
いずれにしても大切なのは細かな文法や発音よりも、伝えようという意志です。
言葉につまってしまっても、笑顔とジェスチャーを添えればうまく伝わる場合がありますので、臆さず気楽に自己紹介してください。
Take it easy!

実用的な英語を学んでみよう!

実用的な英会話を子供の頃からしっかり学習できます

オンライン英会話を子供に勧める